忍者ブログ
ああ。 映画ってほんといいですね。 映画は私達の生活そのもの! 最近見た映画やDVDの感想を書いていきます。 基本的にはしないつもりですが、ネタばれしていたらすいません。 映画生活をよろしくお願いします!
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




監督 ロン・ハワード
製作総指揮 トッド・ハロウェル
ダン・ブラウン
製作 ブライアン・グレイザー
ジョン・コーリー
脚本 ダン・ブラウン
アキヴァ・ゴールズマン
出演者 トム・ハンクス
オドレイ・トトゥ
イアン・マッケラン
アルフレッド・モリーナ
ユルゲン・プロホノフ
ポール・ベタニー
ジャン・レノ

ダ・ヴィンチ・コードはダン・ブラウンの長編推理小説で天使と悪魔に次ぐ第2作目です。
映画ではダ・ヴィンチ・コードの方が天使と悪魔よりも先に映画化されていますね。

話のあらすじは、
ルーヴル美術館館長のジャック・ソニエールが殺された。
彼は死ぬ間際にダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形でダイイングメッセージを残していた。
ハーバード大学の教授ロバート・ラングドンは、フランス警察のベズ・ファーシュ警部に呼び出され、捜査協力を求められる。
これは、ロバート・ラングドンを容疑者として疑っているためだった!
しかし、館長の孫娘であり暗号解読官のソフィー・ヌヴーがロバートを助け出す。
ロバートとソフィーは旧友のリーを訪れ、ダ・ヴィンチが描いた「最後の晩餐」には、イエス・キリストはマグダラのマリアと結婚しており、磔にされた時、彼女はキリストの子供を身ごもっていた、という暗号が含まれている事を聞かされる。
暗号を解き始めるふたり、そこには歴史を覆す驚愕の真実が!!

作者が、これは史実に基づいて書いていると言ってしまったらしく、
研究者の中でも大変になったらしいです。

当然フィクションのお話ですけど、
最後の晩餐の絵に隠された意味など、
納得させられるような内容になっています。

カトリック教会はイエス・キリストを冒涜したものだとして、
かなり怒っているらしく、
一部の国では上映中止になったりしているそうです。

そういった事があるにも関わらず、
記録的な興行収入を達成しているという事は賞賛出来るのではないのでしょうか。

久しぶりにジャン・レノが出ている映画を観ましたが、
やっぱりこの人は渋いですね!
ジャン・レノみたいなおっさんになりたいものです。




拍手[1回]

PR



監督 クリストファー・ノーラン
製作 ラリー・J・フランコ
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
脚本 クリストファー・ノーラン
デヴィッド・S・ゴイヤー
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
リーアム・ニーソン
ケイティ・ホームズ
ゲイリー・オールドマン

クリストファー・ノーラン製作の映画、バットマンシリーズの1作目!
ビギンズという名前の通り、本作の主人公ブルースウェインがどうやってバットマンになっていったのかを描いています。

物語の舞台になる犯罪都市ゴッサムシティには犯罪者や汚職警官で溢れています。
しかも行政機関の上層部までもマフィアと繋がっていて、
ゴッサムシティの治安はほぼ壊滅状態になっています。
そんな犯罪都市ゴッサムシティの夜景の描写がとてもうまいです!
豪華な高層ビルの裏に入ると汚れた雑居ビルが立ち並び、
ダークな犯罪都市をうまく描いています。

今回の作品に出てくる代表的なバットマンの敵は、
ラーズ・アル・グールと、スケアクロウの二人となっています。
最後には、ジョーカーの挑戦状がバットマンに突きつけられるところが描かれていて、
時作のダークナイトに続くところが観られますよ!

クリストファー・ノーラの描くバットマンシーリーズは、
汚職警官で溢れているゴッサムシティだからこそだと思いますが、
ゴッサムシティの人々がバットマンを必ずしも正義のヒーローと見ていないところです。
みんなから嫌われても正義を貫くバットマンがとても渋くかっこいいです!!
理想論だけを語るヒーローではなく泥臭いヒーロー・バットマンが大好きです!


拍手[1回]





監督 マイケル・ベイ
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
マーク・ヴァーラディアン
製作 イアン・ブライス
トム・デサント
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
脚本 アレックス・カーツマン
ロベルト・オーチー
アーレン・クルーガー
出演者 ピーター・カレン
ヒューゴ・ウィーヴィング
シャイア・ラブーフ
ミーガン・フォックス
ジョン・タートゥーロ
音楽 スティーヴ・ジャブロンスキー
主題歌 リンキン・パーク
「ニュー・ディヴァイド」

人類よ、覚悟しろ!!

トランスフォーマーの2作目トランスフォーマー・リベンジを観ました!
監督は前作に引き続きマイケル・ベイが担当しています。
前作の主要キャストも引き続き選ばれています。

前作の戦いから2年が経ち、
オプティマス達はディセプティコンの残党退治をおこなっていた。
大学に進学したサムは両親や恋人のミカエラから離れて、
大学生活を送ることになる。
しかし、引越しの際に、オールスパークの破片が残っていることに気付き、
破片に触れたサムはおかしな文字が頭に浮かぶ事に。
一方、オールスパークの欠片を奪取したディセプティコン達は、
海底に沈められたメガトロンを復活させる。
復活したメガトロンはディセプティコンの本拠地に帰還し、
主のザ・フォールンと復讐(リベンジ)を企てる。

待望の2作目はロボットが前作の倍以上出てきて、
アクションの量もボーリュームアップされています。

予告編でも出ていますが、
今回はデモリッシャーという超巨大ロボットが出現します。
オプティマス達の100倍ぐらいの大きさの敵相手に、
戦うシーンが一番の見所です!!

男性陣にはたまらない仕掛けがあって、
終盤ではオプティマスがあんなことになってしまいます!

映画冒頭から最後までアクションシーンの連続で、
終始興奮しっぱなしでした!
次回作にも期待してます!!



拍手[1回]





監督 ジェイソン・ライトマン
製作 ジェイソン・ライトマン]
アイヴァン・ライトマン
脚本 ジェイソン・ライトマン
シェルドン・ターナー
出演者 ジョージ・クルーニー
ヴェラ・ファーミガ
アナ・ケンドリック

あなたの"人生スーツケース"詰め込み過ぎていませんか?

年間322日、企業のリストラ対象者に解雇を通告するのが仕事のライアン・ビンガム。
ある日彼の前に二人の女性が現れる。

1人目はライアンと境遇が似たキャリア・ウーマン。
もう1人は会社から期待された新入社員。
新入社員はネット上で解雇通告を行い、出張を廃止する提案をする。

自分の立場があぶなくなったライアンは、
今までの自分とこれからの自分のギャップを感じるのであった。

今まで仕事や物にばかり目を向けていて、
周りの人と向き合おうとしなかった男の運命はいったいどうなるか?

キャストには『オーシャンズ11』『フィクサー』のジョージ・クルーニ-です。
やっぱり白髪なのにかっこいいな!!
ちなみに今、48歳らしいです。
案外若い!?

予告編では、
『あなたは孤立しているわ』と言われたライアンが
『周りにいつも人はだらけさ』と言い放つところが、
現代社会の寂しさを感じさせますね。

仕事人間の人達に仕事の他にも大事なものがあると教えてくれる映画なのではないでしょうか。

これは観に行かなくては!!



拍手[4回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
フリーエリア
ブログ内検索
最新コメント
[12/30 日本インターネット映画大賞]
[02/12 あっちゃん]
[02/11 ぽち]
[02/11 ぽち]
[12/24 日本インターネット映画大賞]
バーコード
アクセス解析
プロフィール
HN:
二人の映画生活
性別:
非公開
自己紹介:
TOSHIとあっちゃんの二人で運営しています。
ああ映画ってホントおもしろいですね。
二人とも映画が大好きです。
映画は私達の生活そのもの!
最近観た映画やDVDについてコメントしていきます。
相互リンク大歓迎です。
よろしくお願いします。
Copyright ©  二人の映画生活  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]